menu
BUSINESS INFORMATION事業案内

事業案内

バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機資源」のことを指します。石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料に最も近いエネルギー源であり、海外では、様々な用途に使える万能エネルギーとみなされています。その中でも、木材からなる「木質バイオマス」は、主に樹木の伐採や造材の時に発生した枝、葉などの林地残材、製材工場などから発生する樹皮やのこ屑などのほか、住宅の解体材や街路樹の剪定枝などがあります。

海田バイオマスパワー株式会社では、広島県内の林地残材などの未利用木材のほか、海外の木質系バイオマスを使用します。植物は、成長する過程で大気中のCO2を吸収し、燃焼の際には吸収した量のCO2しか発生しないカーボンニュートラルな燃料とされているため、再生可能エネルギーの普及拡大や、低炭素社会の実現に寄与することにも繋がります。

また、長期にわたり低廉かつ安定した電力を供給する観点から、コスト・供給安定性の面でも優れたエネルギーである石炭を利用すると共に、起動やバックアップ燃料として天然ガスを活用し、環境性の更なる向上を図ります。

発電所完成予想イメージ