海田バイオマスパワー株式会社
menu

COMPANY

会社概要

画像
海田町からはじまる
革新的なエネルギー事業。

「海田バイオマスパワー株式会社」は、広島ガス株式会社と中国電力株式会社の共同出資により、海田発電所の建設、運転、保守および電力の販売を目的とし、設立されました。再生可能エネルギーを活用し、低廉で安定した電力を供給できる体制を整えてまいります。

会社名 海田バイオマスパワー株式会社
本社所在地 広島県安芸郡海田町明神町2番118号(広島ガス海田基地内)
TEL 082-822-0770
設立日 2017年10月30日
役員 代表取締役社長 小寺 洋一
代表取締役副社長 西亀 信宏
資本 70億円(資本金35億円、資本準備金35億円)
出資比率 広島ガス(50%)、中国電力(50%)
事業内容 バイオマス混焼発電所の建設、運転、保守および電力の販売
  • バイオマス混焼発電事業実施区域

    海田発電所は、広島県安芸郡海田町の広島ガス海田基地内です。
    広島ガス海田基地の敷地約15.6万m2のうち、約2.8万m2を発電所に使用しています。発電出力は11万2千kWで、現在稼働しているバイオマス発電の中でも、全国トップクラスの規模となります。

    画像
  • 管理事務所

    当発電所の顔となる管理事務所は、使用燃料の大半が木材であることをふまえ、ぬくもりを感じさせる木造建築としています。

    画像