menu
FACILITY OVERVIEW設備概要

設備説明

海田バイオマスパワー株式会社ではタービンを回転させるための蒸気を発生させるボイラとして、「循環流動層ボイラ」を採用します。大容量かつ高効率、広い燃料種に対応が可能であり、林地残材等の未利用木材や海外の木質系バイオマス等を高い混焼率で活用できます。また、炉内温度が低いため、大気汚染物質であるNOx(窒素酸化物)の排出量を抑えられるのも特徴です。
環境への配慮として、工業用水を利用した循環冷却方式の冷却塔を採用することで、海水の取水や冷却後の多量の温排水を排出しない設備とします。

発電設備フロー