海田バイオマスパワー株式会社
menu

Palm Kernel Shell

PKS(パーム椰子殻)とは

アブラヤシの実の種の殻(から)を
PKS(パームカーネルシェル)といいます

植物油の一種であるパーム油は、アブラヤシの実から搾り取られた油です。
この油を搾り取った後の殻(から)をPKS(Palm Carnell Shell/パームカーネルシェル)と言います。
ヤシの実というと大きなココナッツを思い浮かべますが、ココヤシとは異なるものです。

PKS(パームカーネルシェル)の採取方法

  • アブラヤシ農園

    画像

    アブラヤシの原産国は西アフリカや中南米ですが、現在、
    パーム油生産の80%以上はマレーシアとインドネシアで行われています。

  • アブラヤシの果房

    画像

    アブラヤシは成長すると樹高が20m以上に成長し
    高い幹の先端付近に、20〜30kgほどもある果房がなります。
    果房のひとつひとつに小さな果実がぎっしりとついています。

  • アブラヤシの実

    画像

    オレンジ色の果肉の中に種があり、種の中に芯があります。
    果肉からパーム(原)油(Crude Palm Oil)が、
    種からはパーム核油(Palm Kernel Oil)が搾り取れます。

  • PKS(パームカーネルシェル)

    画像

    アブラヤシの実からパーム油を搾り取った後の殻を乾燥させ、
    異物を取り除くことで、発電用のバイオマス燃料として利用可能になります。

Palm Kernel Shell
Palm Kernel Shell